歯の表面に、白や透明の、目立ちにくい素材のブラケットを装着して、ブラケットに対して白い目立ちにくい色のワイヤーを通し、弱い力をかけて歯並びをそろえていきます。従来の金属のブラケットやワイヤーと比べ、目立ちにくい治療方法です。

裏側矯正による部分矯正(プチ矯正)

歯の裏側にブラケットを装着し、ブラケットに対して、ワイヤーを通し、弱い力をかけて歯並びをそろえていく方法です。表側からは、大きく口を開けたりしない限り、基本的に見えないため、他人に気づかれにくい形で、気になる歯並びをキレイに並べることが可能です。当院では従来の裏側矯正用ブラケットよりも薄く小さいブラケットを採用ししていますので、違和感も大幅に軽減しています。

マウスピース矯正で部分的に歯を動かす部分矯正(プチ矯正)

薄くて透明なプラスチック製の、ご自身で取り外し可能なマウスピース型矯正装置(アライナー)を使用して歯並びをそろえていく治療方法です。歯並びのゴールに向けて、少しずつ形の異なっているマウスピース型矯正装置を、一定期間ごとに取り替えながら、歯並びを動かしていきます。

部分矯正(プチ矯正)をスムーズに行うためのオプション的治療メニュー

アンカースクリューの併用による部分矯正(プチ矯正)

矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラント)を埋入して固定源にし、弱い力をかけて歯を動かします。固定源を様々な場所に設定できるため、従来の方法のように歯を固定源とする場合では難しかった歯の移動パターンが可能となります。アンカースクリューを使用することで、歯に装着するブラケットの数を減らすことも可能となります。アンカースクリューを併用すると、理想的な位置に固定源を確保でき、ブラケットを装着する歯1本でも矯正治療が可能となることもあります。

IPRの併用による部分矯正(プチ矯正)

歯並びを整えるために必要なスペースが足りない場合、歯と歯の間をほんの少しだけ削ることですき間をつくる方法を取るケース(IPR)があります。IPRでは、歯の表面のエナメル質部分をほんの少しだけ削ります。削る量は0.25mm程度ですので、ほとんど歯を傷めることなく治療が可能です。

部分矯正(プチ矯正)の治療完了後の後戻り防止メニュー

部分矯正(プチ矯正)後の保定

矯正治療が終了し、矯正装置を外して、何もしないで放っておくと、後戻りといって歯が戻ってしまうことがあります。そのため、一定期間、保定期間を設定します。保定期間は、リテーナーという保定装置を装着します。リテーナーは、歯の裏側に装着するタイプや、マウスピース型のものがあります。